秦野市東海大学前駅の不動産会社松屋不動産二代目社長のつれづれ日記

小田急線「東海大学前」駅徒歩1分東海大学学生さんへの賃貸アパート紹介・秦野市伊勢原市不動産売買仲介を33年。松屋不動産での日々の出来事を物件情報とともにお届けします

ブログ一覧

お米など奨学金の東海大学生などへ食材をご提供「もったいないをありがとう」に 秦野市でフードバンク・フードドライブ活動開始「フードバンクはだの」





食品ロスを削減するため、仕事や環境の影響で食事を必要とされる方へ届ける活動

南相馬子ども保養プロジェクトがスタートする時、「東北支援」「障がいの方支援」「地域への貢献」の三本柱に。
※1番目は福島県南相馬市の子供たちを毎年神奈川へ招待。2番目は神奈川県立養護学校にて活動。



奨学金で東海大学へ来ている大学生やひとり親世帯で子育てをしている、コロナ禍などの影響で収入が減少、雇い止めになり食べたいものが十分に食べられないという方々へ定期的に食材を提供する活動を令和2年9月より開始しております。

食材や私の活動東北支援や様々な活動を支えてくださっている方やご縁があり知り合った方々です。



不動産会社の 仕事柄、生活保護、一人親家庭、生活に困窮されている方々とお付き合いがあります。
そこへ来てこのコロナウィルス 。今後、収入減少や失業によりさらに大きな影響が出てくると考えます。


以前から考えていたのですが今まで亡くなった生活保護などの方の冷蔵庫を見たときにほとんど空っぽでした。
「フードバンク」「フードドライブ」の活動をできるように準備を開始いたします。



家庭で余っている食べ物や企業からご支援いただいたものを施設や必要なご家庭に届けたい。現在は南相馬子ども保養プロジェクトご支援者様やご紹介いただいた子ども食堂雲煙の方、他の地域でフードバンクをされている方々よりご提供いただいております。


保管場所の確保、配布先、お付き合いある農家さんからの規格外野菜のご提供のお願い、企業お願い、提供探しなど行動
を開始したいと思います。またフードドライブ活動として各家庭や会社で不要な下記のもののご支援をお願いしたく思います。

賞味期限3ヶ月以上で未開封かつ常温保存ができるもの
お米、乾麺、調味料類、缶詰、瓶詰め、乾き物類、お菓子、インスタント食品、レトルト食品、粉ミルク、ベビーフード、飲料類など






提供ご希望の方のお問い合わせは担当の福嶋秀樹携帯電話090-2470-8542もしくはinfo@matsuyafudosan.comまで

ポータルサイトや他社の物件で気なるものがありましたらお気軽

にお声掛けください。費用変わらずにご紹介できます。

 

東海大学アパート専門松屋不動産の会社概要(テレビ朝日、NHK FM横浜、jーWAVEや神奈川新聞Yahooニュース等のメディア取材やプロフィール等)はこちらです

 

全国14社のケーブルテレビで放送【人の輪をつなぐ〜町の不動産屋さん〜】出演

友だち追加

東海大学湘南キャンパスへご入学の方登録は1分です

個別にご相談し、適宜物件のご紹介

良いお部屋をゲットするには街を知ることから

ご来店のご予約はこちらからどうぞ(午前0時までお返事)

普段の活動はこちらFacebookをご覧ください

(お友達申請はお気軽にどうぞ)




2011年東日本大震災時から災害ボランティア10年目。2011年5月から宮城県南三陸町、気仙沼市で5年以上活動。
2018年8月から西日本豪雨被災地岡山件倉敷市真備町や新見市で1年以上、、2019年大雨や台風被災地福島県伊達市、いわき市、南相馬市、千葉県富津市、神奈川県相模原市などで活動し今に至る。5年前より福島件南相馬市の子どもたちを神奈川県へ全額チャリティで招待する活動。


南相馬子ども保養プロジェクト2020
子どもたちを東京オリンピックへ招待

南相馬子ども保養プロジェクト2019無事終了
地引き網にキャンプ場で宿泊5泊6日

南相馬子ども保養プロジェクト2018夏無事終了!
再び福島県南相馬市から子どもたちを全額チャリティでご招待

2018年福島県南相馬市で福島の歌うたい「Ave」ライブ開催決定

380km離れた福島県南相馬市から全額チャリティを20名を

招待保養プロジェクト2017秋無事終わりました

来年夏に向けて再び南相馬市の子どもたちを招待する

新プロジェクト「未来kids project」始動

ての保養プロジェクト無事終了いたしました。
未来 kids project7月に福島県南相馬市でイベント開催

南相馬市から14名の方をお迎えしてのチャリティ行事終了!!

業界誌発刊3万部「家主と地主」に掲載 

空室対策から税金・法律・建築ワンストップサービス

現役の東海大学生が新入生のあなたをサポート

サッカー元日本代表木村和司さんのサッカー教室に続く第二弾!!

詳細は近日発表!!どうぞお楽しみに

更新日時 : 2020年09月24日 | この記事へのリンク : 

南相馬子ども保養プロジェクト2019終了!()2015年から子どもたちを招待

お世話になっております!今年も福島県南相馬市から子どもたちを神奈川県秦野市へ招待するプロジェクトが行われ無事終了いたしました。



江ノ島で海水浴、水族館見学したり秦野市の滝沢園キャンプ場で2泊3日のお泊まりで川遊びしたり


二宮の海で地引網したりあっという間の6日間でした。

初めてご参加された子どもたちも多くとても楽しんでいただけたようで「来年もぜひ来たい」とおっしゃって
いただけました。

このたびはこのプロジェクトへ様々な形でご協賛・ご支援いただいた150名を超える北は北海道から南は沖縄まで
80を超える地域の皆様からのお気持ちで実現できました。

そして来年は
南相馬子ども保養プロジェクト2020
子どもたちを東京オリンピックへ連れて行きます!すでにチケットは手配致しました。

またこれから1年が頑張ってまいります!どうぞよろしくお願い申し上げます。

南相馬子ども保養プロジェクト2019
福嶋秀樹

南相馬子ども保養プロジェクト2018の様子はこちら

更新日時 : 2020年09月23日 | この記事へのリンク : 

招楽さん無料お食事券プレゼント!南相馬子ども保養プロジェクトフードバンクはだの事業


お世話になっております。当社アパートへお住まいで奨学金で東海大学湘南キャンパスへご入学の学生さんを中心に
無料お食事券を配布予定です。(40名様)

コロナ禍の影響でアルバイトが見つからない、アルバイトのシフトが減り食を抑えている方々へ届けます。

お食事の場所は私が東日本大震災時に受け入れtをさせていただいてから10年来のお付き合いの招楽さんです。
福島県双葉郡浪江町ご出身です。私が活動する南相馬市から子どもたちを招待するプロジェクトの支援者でもあります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

更新日時 : 2020年09月13日 | この記事へのリンク : 

お米など食材をご提供!奨学金で入学している秦野市・平塚市で一人暮らし東海大学生向けのフードバンク・フードドライブ

ご縁力なくお声掛けください!

お世話になっております。先ほど毎年福島県南相馬市から子どもたちを招待する活動をご支援していただいている方より
写真の食材がいろいろと届きました。



お米や缶詰、お菓子やレトルト商品など学生さん向けの商品が先ほど宮城県仙台市から届きました。
本当にありがとうございます。

フードバンクというのはご家庭に備蓄してある食材をご提供いただき、それを必要な方々へ届ける活動です。
このコロナ禍で影響を受けている東海大学さんにお届けしたいと思います。

このたびは商品のご提供をありがとうございました。できることは微力ですが継続して活動してまいります。
今後は東海大学生などの学生さん以外にも仕事に影響が出ている社会人の方々へのご提供も開始いたします。

更新日時 : 2020年09月13日 | この記事へのリンク : 

南相馬子ども保養プロジェクト2019!その様子がテレビにて放映





来年は福島県南相馬市の子どもたちを東京オリンピックへ招待!

更新日時 : 2020年09月13日 | この記事へのリンク : 

豪雨被災の地、熊本県芦北町へ支援物資送付



縁があり知り合った熊本県の芦北町在住で炊き出しをされている方へ当社から南三陸町の海産物の乾物を38セットお送りさせて
いただきました。

こちらは当社でお客様へお中元として配布予定でしたが7月の災害により困っていらっしゃる方々へ発送。ならびに義援金の寄付をさ
せていただきました。

微力ながら継続していければと考えております。

更新日時 : 2020年08月15日 | この記事へのリンク : 

南相馬子ども保養プロジェクト2020



お世話になっております。梅雨も開けずに雨続きでジメジメした天気が続きますね。

いかがお過ごしでしょうか?


10年前の東日本大震災より災害ボランティア活動を始め縁あって6年前より福島県南相馬市の子どもたちをここ神奈川県秦野市へ招待する活動を続けております。

現在はコロナ禍ですので安全性を重視して様子を見ております。今年は東京オリンピックへ招待しみんなで観に行く予定でしたが残念です。


早く終息しますように。



動画は昨年の様子です。

更新日時 : 2020年08月03日 | この記事へのリンク : 

東北への思い「あぁ明るい」

遥かに想像を超えていた被災地の状況

ボランティアのために訪れた宮城県および福島県

※写真は福島県南相馬市

あの3月11日の東日本大震災以降、28組の被災地方面からの方とご縁がありお付き合いがある。

早くも3月18日は福島県の原発近くにお住まいの方が、働く御主人を残して小さな赤ちゃんを連れてお引っ越しされてきた。引っ越してきて初めて明りを灯した時、か細い声でつぶやいた

「あぁ明るい・・・」

今ではこちらで仕事を見つけ、子育てをしながら頑張っていらっしゃる。

帰りたくとも帰らない故郷・・・心中察するにはあまりあるものがある。テレビでは伝えられないことを当時より多く伺い知っていたつもりだったが、それでも現地を見るとその規模は計り知れないものだったのです。

 

できることは小さなことかもしれない。実家所在の地が被災した東海大学生をアルバイトに雇ったり、店頭にこの地の人があの未曾有の地震を忘れないように現地で撮影した写真を掲示することぐらいしか・・・

この長くなる戦いにおいてできることは「伝え続ける」ということだと思うのです。そして現地の人たちに

 

「あなたたちのことは忘れていません。ずっと想い続けています」と伝えられたらと思うのです。

宮城県気仙沼市〜石巻市〜女川町〜南三陸町〜七ヶ浜町〜亘里町

福島県南相馬市〜相馬市〜新地

このたびの震災におかれましては改めて亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げるとともに被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

有限会社松屋不動産 福嶋秀樹拝

更新日時 : 2020年05月19日 | この記事へのリンク : 

南相馬子ども保養プロジェクト2020


2020年、7月末開催決定!





〇獲靴咫平遡郢圈ζ鄙蠻六圓了劼匹發燭舛肇ャンプ場⛺ログハウス宿泊・川遊び)
海水浴
フリータイム(箱根など)

2020年7月25日から30日予定!9月から活動開始!募集開始は来年の5月。ドキドキしてる?

南相馬子ども保養プロジェクト2020 continues
第1部 2020年5月
第2部 2020年6月
第3部 2020年7月 保養プロジェクト 2020

南相馬子ども保養プロジェクト公式ホームページはこちら






この活動に並行して西日本豪雨(岡山県倉敷市真備町)や昨年の台風の被災地(千葉県富津市・神奈川県相模原市・福島県南相馬市・福島県伊達市・福島県いわき市)などで災害ボランティア活動ならびに小学校をはじめとした各地域へ物資の支援活動を行なっております。

更新日時 : 2020年03月14日 | この記事へのリンク : 

今年は昨年に引き続き災害ボラ活動の年でした。12月17日18日再び福島県いわき市へ災害ボランティア活動終了!

今年は10月までは昨年8月から災害ボランティア活動入りした岡山県倉敷市真備町、10月からは台風により被災した千葉県富津市、君津市、神奈川県相模原市へ活動入りし、その後は大雨により被災した福島県南相馬市、いわき市へ活動入りしました。

思えば今年は2011年東日本大震災時の時のように毎週、どこかの被災地で活動をしておりました。来年も引き続きいわき市を中心い活動を行いますが早く災害ボランティア活動が必要がない状況になってほしいと切に願います。




2日間に渡る福島県いわき市での災害ボランティア活動も無事終わりました。2日間の走行距離は約800km。10月から千葉県富津市君津市、神奈川県相模原市、福島県南相馬市につづき現在はいわき市。毎週、福島県入りしています。



今回の作業は戸建ての床下に流れ込んだ水分を大量に含んだ泥だしです。床下収納は外してそこから床下へ入ります。
粘着質の泥との格闘です。数時間に及びます。これをこのままにしておくと大量のカビの発生や木部の腐食につながります。手作業で取り除きます。終わるころには体中、泥だらけに。



何時間も床下で作業をいたします。匍匐前進や通りにくいところは少しずつ少しずつ体を動かして奥へ入っていきます。



発災から2ヶ月以上が経つ中でまだ床下の泥出しがあると言うのは被害の大きさをうかがえます。継続してできることを頑張ってまいります。



1日目の夜は90km離れた南相馬市へ向かいいつも立ち寄る旅館へ宿泊(災害ボラ活動の際、ふだんは車中泊ですが、友人たちが駆けつけてくれました。)南相馬市在住の友人たちと語らいました。

そして翌日の朝は旅館の子ども3人たちとサッカー!とても楽しかったです。いつも僕が宿泊するときは楽しみに待っていてくれるそうです。一緒にサッカーしたり、ご飯食べたり、大浴場に入ったり。子どもたち、また春に会おう!




おはようございます。17日、18日と再び福島県入り。
気がついたら毎週、福島県いわき市や南相馬市で災害ボランティア活動をして2か月以上経ちました、
もちろん出先とは言えお問い合わせには対応させていただいております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

お世話になっております。本日は9月からはじめた神奈川県立養護学校で数時間のボランティア活動でした。
子どもたちの笑顔は本当に良いですね。こちらも力をもらいました。今月は10日間、各2時間ほど養護学校で
ボランティア活動予定です。

さて今現在ですが9月の千葉県富津市や君津市に引き続き10月からは神奈川県相模原市、福島県南相馬市
やいわき市で災害ボランティア活動をさせていただいております。(2011年の東日本大震災から活動)

思えば9月の2回にわたる台風の時期から毎週、どこかの被災地で活動をさせていただいております。

昨年の今頃は西日本豪雨被災地の地、岡山県倉敷市真備町でした。13ヶ月通っていました。


本日、私が活動している福島県南相馬市から子どもたちを神奈川へ全額チャリティで招待する「南相馬子ども保養プロジェクト」
のご支援者様から私の活動費にとお金と子ども向けの品物をお預かりいたしました。

もちろんお金と品物はそのままいわき市の子どもたちへ。自らがいわき市で被災をしながら周囲に物資を集めている大切な
友人がいわき市にいらっしゃいます。



昨年の倉敷市真備町での活動でもそうでしたらある程度時間が経ってくると支援の物資も次の段階に進みます。
最初は生活用品などが中心でこちらからも3トントラックにお水やカセットコンロ、食料など搬送しましたが
気がかりなのは子どもたちです。

親が大変だとわかっていますからなかなか言えないと思います。

昨年も真備町で被災した小学生と出会いそこからその小学校へ数十個の鉛筆削りや色鉛筆セット、ぬいぐるみやお菓子、
入学式用のスーツ、カップラーメンやスパゲティ500以上など様々な方々の力を借りて届けました。




福島県いわき市へ行ってきます!もちろんインターネットや電話によるお問い合わせには対応しておりjます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

松屋不動産福嶋秀樹

更新日時 : 2019年12月25日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年09月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930     

最近見た物件 (0)