秦野市東海大学前駅の不動産会社松屋不動産二代目社長のつれづれ日記

小田急線「東海大学前」駅徒歩1分東海大学学生さんへの賃貸アパート紹介・秦野市伊勢原市不動産売買仲介を33年。松屋不動産での日々の出来事を物件情報とともにお届けします

ブログ一覧

その全貌はは3日以内に発表!!第二弾正式に決定!!第二弾はあのクラブの所属されている現役のサッカー選手です!!10月中旬(予定)に開催いたします。次のサッカー教室では「命の尊さ」をお伝えします。                  新年あけ本日のタウンニュースにて会計のご報告(*^。^*)イベント後タウンニュースにて記事掲載!!サッカー元日本代表ミスターマリノス木村和司さんのサッカー教室&トークショー無事終わりました<(`^´)>

                                                                                                                            ※こちらはトークショースタートで流れたものです   

昨年開催したサッカー元日本代表木村和司さんをお招きしてのサッカー教室。

あっという間に8カ月が経ちました

ここからのいろいろなご縁で次のステージへ。

今回はクラブに所属される現役のサッカー選手が先生です。

本日、その選手と打ち合わせをして開催を正式に決定いたしました。

10月中旬前後で開催できるように準備をすすめます。


これから会場の手配やクラブへの手続きを済ませたうえで正式に発表いた

します。どうぞよろしくお願いいたします。

とあるご縁で知り合ったとあるサッカークラブの選手を応援するチャリティを開催の実現に向けてまた走り出します。

本日、ご本人とお会いしてきました。

正直、前回のサッカー元日本代表木村和司さんをお招きしてのイベントが終わった後

はは頭と体力と時間をフルに使い、終わった後は『もうやれない、やりたくない』と思い

ました。

でもさまざまなタイミングでターニングポイントとなる出会い、そして別れがあり今回の

決断に至りました。やるからにはお越しいただいた方にはワオな経験、泣いて笑っ

て、またぜひやってほしいというものをやりたいのです。

さて、今回の経緯についてちょっとお話したいと思います。

僕はこの東海大学前駅にある神奈川県立秦野高校と言う高校の出身です。

そこではサッカーをやっておりました。その時に知り合い、社会人になってからも

パートナーの親友を昨年、病気のためなくしました。

記事はこちら  『今を生きる』

その選手が僕の親友と同じ病気なのです。その選手のためにサッカー教室の際、募金活動も行いました。

これもきっと親友、賢哉がなにかやってくれと言っているのではずっと思っておりました。

そして本日、選手にお会いして、その地域の子どもたちに対するマインドがとても素晴ら

しかったので、僕としてもお願いをしたわけです。承諾をいただきました。

すでにその趣旨にご賛同いただいた方よりメッセージをいただき、協力者が現れ始め

ております。このイベントにお越しになった方には「命」の大切さであったり、

この地域での人のつながりであったり、生きるということがどういうことかをみんなで考

えてコミュニティをつくるためのプロジェクトです。

テーマは「あなたのためだけの永続的な応援団」です!!

さぁまたみんなで走り出しますよ

【サッカー元日本代表背番号10番木村和司さんサッカー教室の当時の記事はこちらです】

本日1月4日発行新聞紙に折り込みのタウンニュース様の紙面にて会計をご報告させて

いただきました。本当にありがとうございました。 

12月、発行、新聞に折り込みのタウンニュース様にて終了後、記事掲載                                                                                                                                 

イベント終了後の記事としては異例の1面でしかも大きな枠でご紹介いただきました。

タウンニュース社の編集長並びにご担当者の方、本当にありがとうございました。

終了後も多数のお声をいただき、子ども達に貴重な今までにない経験ができて

よかった、和司さんの昔からのファンで涙を流し元気をもらったなど、やってよかった

とつくづく思いました。

また今回のプロジェクトはサッカーというスポーツを通じての地域活性化、

東海大学・公民館という行政・地元商店会のお祭りを会場として、それをもって

東海大学生や私のような地元住民でかつ商店会の人間、地域に住む住民、

地元サッカー部出身の人間がチームを組んでみなさんをおもてなしするというもの

でした。

それに対し多数のお声をいただいたり、このようにタウンニュースのような大きな

会社の中でご紹介いただくのはとても嬉しいです。

また機会がありそしてこれを超えるものができそうだということがありましたら

取り組んでもいいかなとも思ってます。今は完全燃焼したので考えられませんが(笑)

ご参加されたみなさん、ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会

運営事務局  福嶋秀樹

昨日はとても良いお天気でした。

4か月前から企画をして秦野市役所・神奈川新聞タウンニュース・

東海大学駅前商店会・秦野市立大根公民館・東海大学省なキャンパスなど多くの方

ののご協力で実現したこのイベント

実に60名以上のサッカーキッズとその親御さんをあわせて100名以上。我々

スタッフを入れると130名以上の人数となりました。

 

楽しい時って本当にあっという間ですね。子どもだけではなく大人の方も楽しめる

イベントもご用意させていただきました。

 

単なるサッカー教室で終わりでなく大学・行政・商店会で地域にお住まいの方を

おもてなしと御恩返しをして今後のコミュニティをつくるそのプロジェクト

今回は本当に体力と頭をフル回転でした。サッカー教室での子どもとその

親御さんの笑顔と笑声

 

サッカーの話ばかりではなく、東海大学生有志により今の被災地の状況をギャラリー

形式でお伝えしたり、病気で闘病されていらっしゃるフットサル日本代表の方の募金

をしたりといろいろとお伝えできてよかったです。

 

トークショーでの中身の濃いお話とチャリティオークションや木村和司さんの著書の

プレゼント、写真撮影会やサイン会など  みなさんからメールやお電話などいただき

とてもご満足いただいたようです。

じゃんけん大会!!盛り上がりました〜サイン付の和司さんの著書ですからね


また20名を超える運営スタッフもみんなにこにこ・ワクワクで充実した一日を過ごせ

ました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

最後はご参加された方や委員会のメンバーで僕が所属する商店会のお祭りへ

お祭り会場で和司さんとステージに立ち挨拶させていただいたり、おいしいお酒を

いただきました。

『この伝説のフリーキックをもう一度実行委員会』は東海大学生や地元商店会、

マリノスの熱狂的なファン・地元サッカー部出身の方やこの街に新しく移り住んできた

方、お子様がサッカー教室に参加されたお母さんなど実にさまざまな構成となってい

ます。

みんなでこれだけのことができて本当にうれしいです。



更新日時 : 2015年04月13日 | この記事へのリンク : 

<<賃貸情報をインターネットに掲載するだけではお問い合わせの来ない時代・・・ではどうすれば 当社の取り組みが書籍にてご紹介いただきました「反響が増える不動産会社のためのホームページのつくり方」     |  ブログ トップへ  |  湘南ベルマーレフットサルクラブ元日本代表久光重貴選手フットサル教室福嶋秀樹その開催への想い>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2017年11月        >>
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930   

最近見た物件 (0)