秦野市東海大学前駅の不動産会社松屋不動産二代目社長のつれづれ日記

小田急線「東海大学前」駅徒歩1分東海大学学生さんへの賃貸アパート紹介・秦野市伊勢原市不動産売買仲介を33年。松屋不動産での日々の出来事を物件情報とともにお届けします

ブログ一覧

2013.5宮城県・福島県へボランティアの旅へ

みなさん。おはようございます。

本日はちょっと肌寒いですね。本日は水曜日ですがお仕事です。

 

 

明日、日本理化学工業という社員の70%が障害を持つ方というチョークをつくっている

あの「日本で一番大切にしたい会社」にも掲載されている企業見学に行きます。

 

 

経営者の方の著書を数冊読み込んでいるのでとても楽しみです。

 

 

昨日、お問い合わせのあった方ご来店があり、いろいろと話したのですが、以前

ボランティアの旅の際に行った南相馬市ご出身の20代の

 

 

起業を考えていらっしゃるとのことで物件の話はそっちのけでマーケティングにはじまり実に

さまざまなことを語りました。

 

 

 

  

 

春になりました。かねてから計画をしていた次回のボランティアの旅の日程が決まりました。

 

5月7(火)日~10日(金)まで

※この間はお問い合わせのメールやお電話での対応は大丈夫ですがご案内は別の日となります。ご了承くださいませ。

 

女川で出会った商店街の女将さんの話

『今、被災地に来ていらっしゃる方は現実を見に来ているんだと思います』

 

 

当社にいらした福島県南相馬市の30代の女性

『復興はこれからなのにあまりにも雰囲気の温度差がありすぎて悲しい』

 

 

被災当時、女川から当社のアパートに入り『女川を立て直すために戻る』と言った20代の青年

 『いや~人間って思ったより強いっすね』

 

 

震災直後にお子様を預かっている福島県いわき市のお父さん

『な~にフクシマは死にはしないよ。だって福嶋さんたちが見守っているから

 

実にさまざまな出会いがありました。今回もあの方に、あの子にボランティアをしながら

会いに行きたいと思います。

 

僕は吹けば飛ぶような小さな会社の経営者。でもこの震災の影響は小学生の僕の子どもにも

受け継がれることだし、伝え続けなくてはならない。

 

できることは本当にちょっとしたこと

 

でも『あなたたちのことは忘れていません。ずっと思い続けています』と伝えられたらと思うのです。

 

このたびの東日本大震災において亡くなられた方々のご冥福を深くお祈りするとともに

被災された方々にお見舞いを申し上げます。

 

有限会社松屋不動産

福嶋 秀樹拝

 

更新日時 : 2014年11月07日 | この記事へのリンク : 

<<あらためて自己紹介 松屋不動産福嶋秀樹     |  ブログ トップへ  |  ~全室お申込み済~平成26年度東海大学ご入学の方!!安くても東海大学前駅に近いと言う方にはこれ!!東海大学前駅徒歩7分なのにお家賃2万円台賃貸アパート♪『コーポ桧』>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー