秦野市東海大学前駅の不動産会社松屋不動産二代目社長のつれづれ日記

小田急線「東海大学前」駅徒歩1分東海大学学生さんへの賃貸アパート紹介・秦野市伊勢原市不動産売買仲介を33年。松屋不動産での日々の出来事を物件情報とともにお届けします

ブログ一覧

その全貌はは3日以内に発表!!第二弾正式に決定!!第二弾はあのクラブの所属されている現役のサッカー選手です!!10月中旬(予定)に開催いたします。次のサッカー教室では「命の尊さ」をお伝えします。                  新年あけ本日のタウンニュースにて会計のご報告(*^。^*)イベント後タウンニュースにて記事掲載!!サッカー元日本代表ミスターマリノス木村和司さんのサッカー教室&トークショー無事終わりました<(`^´)>

                                                                                                                            ※こちらはトークショースタートで流れたものです   

昨年開催したサッカー元日本代表木村和司さんをお招きしてのサッカー教室。

あっという間に8カ月が経ちました

ここからのいろいろなご縁で次のステージへ。

今回はクラブに所属される現役のサッカー選手が先生です。

本日、その選手と打ち合わせをして開催を正式に決定いたしました。

10月中旬前後で開催できるように準備をすすめます。


これから会場の手配やクラブへの手続きを済ませたうえで正式に発表いた

します。どうぞよろしくお願いいたします。

とあるご縁で知り合ったとあるサッカークラブの選手を応援するチャリティを開催の実現に向けてまた走り出します。

本日、ご本人とお会いしてきました。

正直、前回のサッカー元日本代表木村和司さんをお招きしてのイベントが終わった後

はは頭と体力と時間をフルに使い、終わった後は『もうやれない、やりたくない』と思い

ました。

でもさまざまなタイミングでターニングポイントとなる出会い、そして別れがあり今回の

決断に至りました。やるからにはお越しいただいた方にはワオな経験、泣いて笑っ

て、またぜひやってほしいというものをやりたいのです。

さて、今回の経緯についてちょっとお話したいと思います。

僕はこの東海大学前駅にある神奈川県立秦野高校と言う高校の出身です。

そこではサッカーをやっておりました。その時に知り合い、社会人になってからも

パートナーの親友を昨年、病気のためなくしました。

記事はこちら  『今を生きる』

その選手が僕の親友と同じ病気なのです。その選手のためにサッカー教室の際、募金活動も行いました。

これもきっと親友、賢哉がなにかやってくれと言っているのではずっと思っておりました。

そして本日、選手にお会いして、その地域の子どもたちに対するマインドがとても素晴ら

しかったので、僕としてもお願いをしたわけです。承諾をいただきました。

すでにその趣旨にご賛同いただいた方よりメッセージをいただき、協力者が現れ始め

ております。このイベントにお越しになった方には「命」の大切さであったり、

この地域での人のつながりであったり、生きるということがどういうことかをみんなで考

えてコミュニティをつくるためのプロジェクトです。

テーマは「あなたのためだけの永続的な応援団」です!!

さぁまたみんなで走り出しますよ

【サッカー元日本代表背番号10番木村和司さんサッカー教室の当時の記事はこちらです】

本日1月4日発行新聞紙に折り込みのタウンニュース様の紙面にて会計をご報告させて

いただきました。本当にありがとうございました。 

12月、発行、新聞に折り込みのタウンニュース様にて終了後、記事掲載                                                                                                                                 

イベント終了後の記事としては異例の1面でしかも大きな枠でご紹介いただきました。

タウンニュース社の編集長並びにご担当者の方、本当にありがとうございました。

終了後も多数のお声をいただき、子ども達に貴重な今までにない経験ができて

よかった、和司さんの昔からのファンで涙を流し元気をもらったなど、やってよかった

とつくづく思いました。

また今回のプロジェクトはサッカーというスポーツを通じての地域活性化、

東海大学・公民館という行政・地元商店会のお祭りを会場として、それをもって

東海大学生や私のような地元住民でかつ商店会の人間、地域に住む住民、

地元サッカー部出身の人間がチームを組んでみなさんをおもてなしするというもの

でした。

それに対し多数のお声をいただいたり、このようにタウンニュースのような大きな

会社の中でご紹介いただくのはとても嬉しいです。

また機会がありそしてこれを超えるものができそうだということがありましたら

取り組んでもいいかなとも思ってます。今は完全燃焼したので考えられませんが(笑)

ご参加されたみなさん、ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会

運営事務局  福嶋秀樹

昨日はとても良いお天気でした。

4か月前から企画をして秦野市役所・神奈川新聞タウンニュース・

東海大学駅前商店会・秦野市立大根公民館・東海大学省なキャンパスなど多くの方

ののご協力で実現したこのイベント

実に60名以上のサッカーキッズとその親御さんをあわせて100名以上。我々

スタッフを入れると130名以上の人数となりました。

 

楽しい時って本当にあっという間ですね。子どもだけではなく大人の方も楽しめる

イベントもご用意させていただきました。

 

単なるサッカー教室で終わりでなく大学・行政・商店会で地域にお住まいの方を

おもてなしと御恩返しをして今後のコミュニティをつくるそのプロジェクト

今回は本当に体力と頭をフル回転でした。サッカー教室での子どもとその

親御さんの笑顔と笑声

 

サッカーの話ばかりではなく、東海大学生有志により今の被災地の状況をギャラリー

形式でお伝えしたり、病気で闘病されていらっしゃるフットサル日本代表の方の募金

をしたりといろいろとお伝えできてよかったです。

 

トークショーでの中身の濃いお話とチャリティオークションや木村和司さんの著書の

プレゼント、写真撮影会やサイン会など  みなさんからメールやお電話などいただき

とてもご満足いただいたようです。

じゃんけん大会!!盛り上がりました〜サイン付の和司さんの著書ですからね


また20名を超える運営スタッフもみんなにこにこ・ワクワクで充実した一日を過ごせ

ました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

最後はご参加された方や委員会のメンバーで僕が所属する商店会のお祭りへ

お祭り会場で和司さんとステージに立ち挨拶させていただいたり、おいしいお酒を

いただきました。

『この伝説のフリーキックをもう一度実行委員会』は東海大学生や地元商店会、

マリノスの熱狂的なファン・地元サッカー部出身の方やこの街に新しく移り住んできた

方、お子様がサッカー教室に参加されたお母さんなど実にさまざまな構成となってい

ます。

みんなでこれだけのことができて本当にうれしいです。



更新日時 : 2015年04月13日 | この記事へのリンク : 

いよいよ明日!!本日15名様お申込み<(`^´)>注目!!トークショーチャリティオークションの品物を発表!1非売品のあれですよ♪総勢130名!!ご参加していただく方へのお知らせ本日昨日と3組お申込み済み本日1組お申込み(*^。^*)3組お申込み2組お申込み!!神奈川新聞で神奈川県全域募集開始!!昨日も2組お申込み!!今朝も2組お申込み!!昨日三組お申込み!タウンニュース様からのお問い合わせで3組お申込み!!いよいよ募集開始!!神奈川全域サッカー教室&トークショーイベントセット募集開始です!!ミスターマリノスサッカー元日本代表木村和司さんをお招きしての小中学生100人規模のサッカー教室&トークショー開催のお知らせ 木村和司『あの伝説のフリーキックをもう一度』実行委員会

みなさん。こんばんは!!あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会

事務局福嶋秀樹です。

いよいよ2日後に迫りました。

本日もご参加される方とお電話でお話していて、本当にみなさんが楽しみに

待っていてくださるのが伝わり、身が引き締まる思いです。

さて当日のトークショーにて木村和司さんが出品していただける品物が決まりました。

驚きです!!まさかのあの試合で使われた一品

また当日はほかにもお子さんが楽しんでいただけるあの品物も登場いたします。

どうぞお楽しみに!!

ご参加されるお子様も50名を超えさまざまな小学校からご参加いただきます。

秦野市立大根小学校・広畑小学校・鶴巻小学校・西小学校・上小学校

・本町小学校・東小学校・

秦野市以外でも平塚市立みずほ小学校・伊勢原市立比々多小学校などなど

トークショーに至っては遠くは都内大田区・相模原市・小田原市などさまざまな場所

よりご参加いただきます。

運営委員会一同、当日、一生懸命サポートいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

いよいよ5日後です!!

サッカー教室会場東海大学湘南キャンパスサッカーグラウンド

敷地東側陸上競技場の横です。

午前10時受付開始 午前10時半より

トークショー会場 秦野市立大根公民館 Aのところです。

住所:神奈川県秦野市南矢名3−16−22

午後2時受付開始 午後2時半より

持ち物

サッカーをやるウエア。着替え。サッカーボール

シューズ(スパイクではなくトレーニングシューズ)等

サイン色紙(当日、サインをご記入いただけるパンフレットはご用意いたします。サイン色紙にもという方は)

デジタルカメラ


※お昼ご飯は各自、ご用意いただくか、サッカー教室とトークショーの合間に近隣でお願いいたします。

※また公民館のトークショー会場をお弁当持参していただければ食べれるように手配準備中です。

※申し訳ございませんが人数多数のため駐車場のご用意はございません。恐れ入りますが公共機関、徒歩でのご来場をお願いいたします。

※大雨の場合、サッカー教室は中止となる場合がございます。天気予報から判断

し適宜お知らせいたします。小雨決行


重要なお知らせ発表神奈川新聞で募集開始!!

お申し込みは運営事務局福嶋秀樹携帯電話

090−2470−8542まで

 

本日タウンニュース様に告知をご掲載いただきました。

今まで多数の秦野市でも東海大学前駅以外や秦野市

外の方よりお問い合わせいただきました。

これに応えるべく、神奈川県内どのエリアの方でもサッカー教室にご参加できるようにお席を一定数ご用意させていただきま

した。

 

タウンニュースでの木村和司さんサッカー教室の告知の記事はこちらです♪

お申込みが1週間もたたずに

26名のサッカーキッズのご参加決定!!

今年はサッカーJリーグが発足して20年です。一つの節目を迎えました。

私たち昭和45年生まれ前後の世代は『キャプテン翼』という漫画もありサッカーを

やっていた人が多い世代。そんな僕もそうでした。

 

※高校生18歳頃の僕。小学校5年からはじめて高校生まで部活動で頑張りました


子どもサッカー教室&トークショーイベントセット本日午後

12時より受付開始

神奈川全域。

ご不明な点は担当の福嶋秀樹090-2470-8542までどうぞ

※サイン会と撮影会は会場の関係でトークショー終了後1時間を予定しております。

下記ご登録フォームよりお申し込みください。

※こちらのご登録完了で正式なお申込みが完了となります。

※スマートフォンからだとキャリアによっては登録できない場合がございます。

その際はパソコンよりお申込みくださるようお願い申し上げます。

ご不明な点は運営事務局福嶋秀樹090-2470-8542までどうぞ


サッカーファン、マリノスファンのかたはどなたでも!!

写真撮影やサイン会もあるトークショーお申し込みはこちら


※サイン会と写真撮影会は会場の関係でトークショー終了後1時間を、予定しております。

こちらはどちらの地域からでもご参加大丈夫です。

トークショーFacebookイベントページはこちら

そしてこの街にはそんな僕のサッカー部の先輩方が結成をしたNPO法人

『NPO法人おおねスポーツコミュニティ』

がございます。

  

『We are ONE-スポーツの力で魅力的な街へ-』が合言葉

地域をスポーツを通して未来を担う子どもたちの成長のサポート、

よりよいスポーツ&教育環境の提供、地域の連帯感を創出

  

そこへ私と後に被災地へボランティアへ行く仲間である中野一哉との出会いがあり、

彼は今、この街に住んでおります。

彼が元サッカー日本代表木村和司様と8年前のトークショーでご縁があったことから

奥様やお子さんと公私にわたってのお付き合いことから、今回登場する方たちの意見が

まとまりこのたびの実現となりました。

サッカー元日本代表木村和司様サッカー教室&トークショー

(トークショーの後はサイン&写真撮影会もございます。)

    

プロフィール

      1958年7月19日広島生まれ

選手歴 1975年 高校時代全国選手権大会ベスト4ユース代表に選ばれる

      1979年 大学2年の時、日本代表に選ばれる

      1981年 日産自動車サッカー部入部

      1986年 純国産第一号プロサッカープレーヤーとして契約

      1982年〜1992年 日産自動車サッカー部 

      1993年〜Jリーグ開幕に伴い、横浜マリノスに名称変更

      1995年ミスターマリノスとして多くのファンに親しまれてきたが、現役を引退

           現役13年間233試合出場 51得点61アシスト

チームタイトル

日本リーグ優勝2回

天皇杯優勝6回(1983,1985,1988,1991,1992年)

JSLカップ優勝3回(1988,1989,1990)

アジアクラブ選手権優勝1回(1991-1992)

個人タイトル

年間最優秀選手3回(1983,1984,1989年)

アシスト王1回(1984年)

ベストイレブン5回

日本代表

国際Aマッチ54試合出場26得点(1979-1987年)

ロスアンゼルス五輪予選出場 

略歴

アディダスアドバイザーS級ライセンス取得(日本サッカー協会公認)1997年

フットサル日本代表監督

JFL横河武蔵野FCスーパーバイザー 2007年

Jリーグ横浜F・マリノス監督(2010-2011年) 

NPO法人スポーツコミュニティシュート様HPより

そして

僕ら世代の中では今でも語り継がれる『伝説のフリーキック』



忘れもしません。1985年メキシコワールドカップ最終予選での25M直接フリーキックは、

今も伝説として語り継がれています。その試合において、国際Aマッチ6試合連続ゴールを達成、

釜本氏の5試合連続ゴールを塗り替える。

この『伝説のフリーキック』が出た1985年10月26日国立競技場で行われたワールドカップ

メキシコ大会最終予選のチケットの半券とパンフレット(桑原昌之様所有)

日の丸の国旗で埋め尽くされたその広いスタンドの観客の視線は木村和司さんに注がれた。

腰に手を当てて蹴ったそのボールは弧を描き、ゴールに吸い込まれた。

今も語り継がれる『伝説のフリーキック』

それではお知らせです。正式募集は8月末開始予定

間もなくです。近日お知らせいたします。

木村和司さんのサッカー教室&トークショー

(サイン会・撮影会含む)

   

開催日時/平成25年11月17日(日) 

�サッカー教室(神奈川県秦野市内小学生中学生対象)/

開催場所東海大学湘南キャンパスグラウンド(人工芝)

午前10時受付開始 午前10時半〜午後12時くらいまで

�トークショー/秦野市立大根(おおね)公民館 秦野市南矢名3−16−22

          午後2時受付開始 午後2時半〜午4時くらいまで

会費/ �サッカー教室・トークショーご参加の方

      2,000円予定(親1人+お子さん一人)

      ※お子さん1人追加の場合はプラス500円予定となります。

       ※中学生おひとりの参加でも2000円となります。ご了承くださいませ。

   

      

 サッカー教室については秦野市地元小学生・中学生の方が対象となります。

場所的に大根・広畑・鶴巻が中心となるかもしれませんがその他秦野市の学校の方でもご相談ください。

 

      

      また今、サッカーをやっていなくても興味のある方、女子でサッカーを

      されている方もぜひご参加ください。

  

      またサッカー教室においてはいらっしゃったお父さんお母さんも楽しん

      でいただけるような催し物も・・・

      

    もしかして あの『伝説のフリーキック』や

    木村和司さん+お子さんチーム対大人チームなど・・・そうなったら嬉しいですね。

      

     �トークショーのみ、ご参加の方 1500円予定

      サッカーを過去にやっていて木村和司さんに会いたいという方、

      サッカーをやっていなくても、子どもの教育について話を伺いたいという方、

      ぜひご参加ください!!

      

      秦野市以外からいらっしゃる方、駐車場のご用意が難しそうなので電車等を

      ご利用いただければと存じます。

     

       お申し込みは間もなくです。近日お知らせいたします。

       またサッカー教室についてはみなさんが木村和司さんとお話しできるよう

       にお子様先着100名様までとなります。

       

       また当日は東海大学駅前商店会で開催される秋の祭り『夜市』も

       開催されます。

       サッカー教室やトークショーが終わった後や合間に木村和司さんとお祭り         に・・・行けるように調整中です♪

            

【あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会】

協賛 おおね公民館 NPO法人シュート NPO法人おおねスポーツコミュニティ 東海大学駅前商店会

東海大学被災地支援サークル Team the SAME SKY

グラウンド提供 東海大学湘南キャンパス 取材協力タウンニュース

地元小学校中学校出身、地域へ熱い想いを持つさまざまな分野のチームです。学校の先生や塾の経営者などの

教育の分野、地元で消防団に属している方、この街が気に入り新しくこの街にやってきた方のいろいろな方が加わり、

スポーツでこの街をみんなを商店会を盛り上げたいと思います。

今後、まだ写真を撮影していないメンバーが増えてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


                        

桑原昌之(くわはらまさゆき)

神奈川県公立小学校教諭・サッカークラブ大根ラディッシュGM

大根小学校・大根中学校・秦野高校出身

サッカークラブ大根ラディッシュ2期生

当時のポジションはFW 得点感覚を頼りに年間104得点の

ゴールゲッターでした。

しかもこの『伝説のフリーキック』を国立競技場のバックスタンドから生で見ました。

今のその時のパンフレットとチケット半券は大切に保管しています。

スポーツで地域活性化を担う『おおねスポーツコミュニティ』では理事長として

地域活動に邁進中。

長いお付き合いで教育に関係でのその視野の広さ、行動力

がありとっても頼りになる先輩です。いつも気にかけ事務所に遊びに来てくれ、

時にはけんかもしますがそれだけ仲がいいんですよ。

多田良貴彦(たたらたかひこ

東海大学駅前商店会理事長 東海大学出身

東海大学前駅から徒歩3分の場所でやながわクリーニング店を経営


この地域にはながく根ざし、この東海大学前駅の街の発展のために

日々、奮闘。野球部出身で面倒見が良くみんなに頼られている兄貴分

東海大学前駅のやながわクリーニング店はこちら

多々良会長とはサラリーマンをやめてこの街に戻ってきてからの付き合いで4年になります。

常に冷静で、かつ情熱をもって商店会のお祭り等を盛り上げていくそのリーダーシップは

とても頼りになります。商店会の一員として頑張りますのでよろしくお願いいたします。

中野一哉(なかのかずや)

このイベントに対する想い

ソニー生命保険(�)プランナー西湘地区でのお客様の増加に伴い

縁があり松屋不動産の物件に入居。

『西湘地区No.1ライフプランナー』『地元で頼りになるお金の専門家』を

目指し横浜から転居。地元の方々に支えられながら活動中。

定期的に被災地へ一緒に行く中野さんは情熱があり涙もろく、とっても人間味のある

頼りになる兄貴分の存在です。

根岸泉(ねぎしいずみ)

サッカークラブ大根ラディッシュ2期キャプテン 

ポジションは今はほとんど死語センターハーフ背番号6

地元 秦野高校卒業。

平成3年秦野市東海大学前駅で自動車販売業有限会社エナジー起業。

大根ラディッシュ同期生と友にNPO法人おおねスポーツコミュニティを立ち上げ

現在、副理事。フットサルチーム『エルグラッソ』でのポジションは守らないワントップ

地域に根差し、消防関係の団員を務めるなど懐の深い泉先輩。楽しみです♪

いつか一緒に地域を盛り上げることができればいいねと言っていたことが実現して

嬉しいです

佐藤秀亮(さとうひであき)

大根ラディッシュ・大根・鶴巻中学校サッカー部出身。

自身の子どもも大根中学校サッカー部。

今でもフットサルをしておりサッカーを愛する永遠のサッカー少年!!

サッカー部の後輩でもあり僕の妹と同級生だった秀亮クン。知り合ってから数十年後に

こういったことを一緒にやるとは思いもよりませんでした。地元大根に在住の頼れる後輩です!!

よろしく!!


古川英博(こがわひでひろ)

システムエンジニア

青森県出身

マリノスサポーター初めてスタジアムを観戦したのが和司さんの出場した試合でした。

今後に期待している選手(敬称略)

・小野祐二・熊谷アンドリュー・比嘉祐介

私が運営スタッフとして参加している横浜異業種キャリアセッション!!

そこでのお知り合いです。いつも試合会場へと足を運ばれている生粋のマリノスファン!!

一緒に活動できること、とってもうれしいです!!

鈴木鯛功(すずきたいこう)

東海大学教養学部・大学院理学研究科修了・東海大学駅前商店会青年部所属

大学時代から秦野に住み駅前商店会や地元の人とふれあいこの地域で暮らすことを決意。

『地域の子どもを育てることが秦野への恩返し』として

早稲田育英ゼミナール東海大学駅前教室は開校して6年半。


全国600ある教室の中でナンバーワンを4連覇達成し最優秀教室モデル校となる。

新しい取り組みとして幼少期からの効果的な教育考案しそろばん塾『ピコ』を開設

彼、鈴木鯛功とは4年前にサラリーマンをやめてこの街に戻ってきたからの付き合いです。

祭りの準備の時に交わしたなにげない一言で自他ともに認める「親友」です。(彼が年上ですが)

こういった形でまた組めるのをとても嬉しく思います。頼むぜ!!相棒!!

小川輔(おがわたすく)

小田急線秦野駅にてGゼミナールを経営。神奈川県下で通称ブラック先生を知らないものは

いないほど。前出の鈴木鯛功と秦野市内ではだの中高生お悩み何でも相談室を運営。

とにかく相手の立場にたち応援をするその姿勢で慕う人たちが多い。そんな僕もその中の1人です。

小川先生とは僕の親友、鈴木鯛功の紹介で知り合ってから意気投合し私たちが主宰する

東海大学生お悩み何でも相談室のレギュラー講師になっていただきました。またこういう形で

地域への御恩返しを一緒にできることを本当にうれしく思います。

田上貴之(たのうえたかゆき)

秦野駅でつぼみ・整体院を経営。神奈川県秦野市での魅力や知れ渡っていない意外なコト、

熱いヒト、面白いモノを紹介しつつ、秦野市を盛り上げていく団体【ココハダ】を運営

田上さんとはメンバーである小川さんを通じて知り合いました。僕と交流のある東海大学生も

田上さんたちが運営するココハダに参加していることもあり今回ご協力いただくことになりました。

どうぞよろしくお願いいたします。期待していますよ!!広報部長!!

みづき みづきのこのイベントに対する想い

大根小学校・大根中学校出身。自身も小学校5年生の時、サッカーをやっていました。

今回、小学校でサッカーをやっている子どもと参加予定。私も地元民として何か貢献できれば

と思っています。そして参加者として当日が今から楽しみです。

みづきさんは当社のお客様でもあり、そして小学校中学校の後輩でもあります(大分年下ですが)

今回のプロジェクトにあたり、参加される方の目線でさまざまなコンテンツをつくりたいと思っておりました。

そんなとき当社の告知のブログをご覧になり夏のお盆休みの時にかけつけてくれました。

頼れる後輩です。頼むぜ!!みづき!!

あずささん   このイベントに対する想い

あずささんはお子さんが広畑小学校でサッカーをやっている参加者の方です。

今回は募集と同時に当社にお越しいただき、ご協力をいただくことになりました。

今でも彼女がお問い合わせのご連絡をいただき、その足でご来店されたときのことを

おぼえています。

サッカーキッズ3人を育てるママさんはサッカーへの情熱もあり、僕が話す今回のイベントの本当の意味に理解を示してくれました。

今回のプロジェクトは単なるサッカー教室ではなく

僕の好きなドラッカーの『顧客目線で考える』を実践するためには

ご参加者様からも委員会のメンバーをお迎えしたかったからです。

前述のみづきさん、そしてあずささん、彼女たちの頑張りがきっとすばらしい

イベントなると確信しています。頼むぜ!!あずさ!!


伊藤美咲(いとうみさき・東海大学体育学部4年) 美咲のこのイベントへの想い

被災地支援サークル「Team the SAME SKY」リーダー

東海大学湘南キャンパスで体育学部を中心に結成された被災地支援サークルを運営。

東海大学湘南キャンパスの被災地支援サークルTeam the SAME SKYの活動はこちら


伊藤さんとはとあるご縁で知り合ってから、わずかながらですがその活動をお手伝い

させていただいております。そういったこともあり、今回のこのイベントの中で彼らにも

関わっていただき、今一度、この地域で被災地のことを思い出していただけるように

との想いから参加を要請いたしました。よろしく!!美咲ちゃん

佐藤晃大(さとうこうだい)

福島県南相馬市出身。日本大学大学院卒業後、社会に出るもモンゴル

での起業に向け日々この街で奮闘中。

晃大とは、とあるご縁で当社のアパートに入居しているお客様です。

お客様ではありますが起業に向けてのできうる限りのサポートをさせていただいて

いる縁から今回の参加となりました。みなさまご指導のほどよろしくお願いいたします


福嶋秀樹(ふくしまひでき) このイベントに対する想い

大根小学校・大根中学校・秦野高校出身

東海大学前駅から徒歩1分の場所で有限会社松屋不動産を経営

尊敬する人 大根小学校在籍時の担任鈴木利枝先生・スティーブジョブズ

ご不明な点は運営事務局へお気軽に『サッカー教室の件で』とお伝えください。

午前9時から午後8時まで0463-77-2337(有限会社松屋不動産) 福嶋秀樹

                        090-2470-8542

午後8時から午前0時まで0463-79-5030(そろばん塾ピコ) 鈴木鯛功

更新日時 : 2014年09月17日 | この記事へのリンク : 

このメンバーで皆様をお迎えいたします!!あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会ご紹介

みなさんこんにちは!!今日も11月にしてはとても暖かな1日ですね。

17日、サッカー元日本代表背番号10番ミスターマリノス木村和司さんをお迎えしての 

サッカー教室に向けて最終的な打ち合わせを明日いたします。

  

※当日、お渡しするパンフレットです。完成間近です。

多くの方にご協力いただいているこのプロジェクト、神奈川新聞様、タウンニュース様

秦野市広報課様、大根公民館様、東海大学様、東海大学駅前商店会様でさまざま

な形でご紹介いただき、運営委員会メンバー一同、とても感謝しております。

  

当日はわたくしをはじめ、地元出身の小学校教諭・サッカー部出身の人間、

東海大学体育学部の方たち、この街に移り住んできた新しい住民の方、

熱狂的なマリノスのファンの方、小学生たちを想っている塾の経営者たち、

ここ秦野を元気にしようと活動している方、商店会理事長、そしてこのサッカー教室

にお子様が参加していただけるそのお母さんたち

本当に多くの方のご協力があってここまでまいりました。

当日は委員会スタッフ一同、みなさんが楽しんでいただけるように一生懸命

いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


                                                                                                                                                                                                                                                                                    

サッカー元日本代表ミスターマリノス木村和司さんサッカー教室&トークショーはこちらです♪

更新日時 : 2014年09月07日 | この記事へのリンク : 

僕の教育方針「自分からやりたいと言ったこと、初めてのことはとにかくさせる」サッカー未経験者でも大事なことを学べる秦野市のイベントサッカー元日本代表背番号10番木村和司さんのサッカー教室&トークショー


                                                                                                                                私には二人の娘がいます。小学校2年生と6年生です。

彼女たちは塾や水泳、書道、そろばんなど、やりたいと自ら言ってきたことはダメと

言わず彼女たちの決断にまかせています。

今回も彼女たちはサッカー未経験者であるにもかかわらず、『参加したい!!』と今日言ってきました。

話は変わりますが、先日も長女が朝日新聞のコンクールで2300人の応募の中からたった20人の

中からしかもらえない優秀賞を受賞いたしました。

夏にも神奈川県の私塾連盟のコンクールで入賞しました。

もちろん、これは通っている秦野市東海大学前駅の塾、早稲田育英ゼミナール東海大学

駅前教室の優秀な先生のおかげですが・・・このたび、またもや全国600教室の中で最優秀賞を

受賞し、驚愕の5連覇を達成いたしました。

長女からの手紙パート

 

次女も、彼女の書いた絵がとある美術館のコンクールに選ばれました。

  

一見、サッカーとはなにも関係ないようですが、実は関係すると僕は思っております。

僕自身がそうなのですが、とにかくやりたいということや、新しいことは、まずやってみる!!

そして新しく経験したことや能力を自分に身につける・・・僕はこれを『インストール』と言っています。

僕自身のやっていることがはたから見れば不動産業に関係ないこのばかりのように見えるでしょう。

ですが実は密接な関係があるということを僕は知っています。

尊敬する経営者に出逢ってからとにかく、自分を矯正して新しいこと、今までやってきたことでも

最後の最後までとことんやるということを学びました。

だから今があるのです。

僕は今回のイベントの場を

『コミュニケーション能力の向上』と『一流と触れる経験により思い出を作り、意識を向上させる』

このイベントでは東海大学生から地域の行政の公民館のかた、ご参加されるさまざまな学校の

お子さんと親御さんたち、そして木村和司さん

そんな方たちとコミュニケーションを自分で積極的に図り、今後の財産としてほしいのです。

これは僕が月に一度開催している東海大学生を招いての勉強会のテーマでもあります。

  

夏の祭りの様子。この街に育ててもらった僕たちがご恩返し、そしてこの街に住む、いろいろな方

がつながり、のちに続くコミュニティを創りたい・・・そんな町おこし的なイベントです。

当日は東海大学生で被災地を支援する団体による「被災地の今」も写真ギャラリーなどを

通じてお伝えいたします。自分の子どもにもいつもボランティアから帰ってきてからしっかりと話して

いますが再度、伝えたいと思っております。

  

  

もちろん運営委員会のメンバーと言え、参加費はちゃんと払います。この2500円はいわば投資なの

です。

僕は運営委員会のメンバーで当日のコンテンツを知っていますから,今から自分の子どもたちが

驚いて楽しんで、そしてそこから自分の父親の姿を感じ取ってくれることを切に願います。

子どもからの手紙 長女編 I am a father

子どもからの手紙 次女編 I am father

大事な娘たちが貴重でワクワクしてずっと想いでに残る経験をしてくれることを祈って

                                             パパより

イベントの詳細はこちら♪未経験者でもどうぞご参加くださいね。

お問い合わせお申込みは私、福嶋が電話で承ります。090−2470−8542

更新日時 : 2014年09月04日 | この記事へのリンク : 

本日のタウンニュース平塚版でご紹介!!木村和司さんサッカー教室&トークショー


 

あの伝説のフリーキックを再現いたします!!

いよいよ開催間近になりましたサッカー元日本代表背番号10番木村和司さんによる

サッカー教室&トークショー

委員会のメンバー以外にもさまざまな方がご協力してくださってます。神奈川新聞様

タウンニュース様、秦野市役所広報様、大根公民館様、東海大学駅前商店会様、

東海大学様 (グランド使用)ココはださん(委員会広報担当)

明日の朝刊に折り込まれるタウンニュース平塚版にてこのイベントがご紹介されます。

本当にありがとうございます。

ご参加されたみなさんがお子様だけではなく、親御さんも楽しんでいただけるように

運営スタッフ一同、さまざまなことを考えております。どうぞお楽しみに!!

秦野市東海大学前駅イベント木村和司さんサッカー教室&トークショーはこちら

お申し込みは私の携帯電話090−2470−8542でも承ります。

更新日時 : 2014年09月03日 | この記事へのリンク : 

木村和司さんの想い 和司さんご本人からみなさんへの熱いメッセージ  サッカー元日本代表背番号10番木村和司さんによるサッカー教室&トークショー


                                                                                                                                                                                                                        本日、横浜へ行ってまいりました。それは11月17日にこの東海大学前駅の

開催されるサッカー元日本代表背番号10番木村和司さんによるサッカー教室

&トークショーの打ち合わせのためです。

木村和司さんはサッカーをやっていた僕の年代の人間にとってはスーパースター

久しぶりに緊張いたしました。

サッカー教室やトークショーの詳細を打ち合わせをして、こちらからも様々な要望

をお伝えしたのですが、すべて気持ち良くご了解いただきました。

今までにないものとなりそうです。当日のコンテンツは明日以降、順次、発表して

まいります。どうぞ木村和司さんご本人からのメッセージをお聞きください!!

いや〜本当に緊張した!!そしてこれから始まるイベントにワクワクしてきました。

きっとご参加されるみなさんも同じように思っていただけると思いますよ!!

どうぞお楽しみに!!

サッカー元日本代表背番号10番木村和司さんのイベント詳細はこちら   

お電話にても承ります。運営事務局福嶋の携帯電話090−2470−8542まで                                                                                                                                                                                                         

                   

更新日時 : 2014年09月02日 | この記事へのリンク : 

『このイベントの目的』あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会福嶋秀樹の想い

いよいよ募集が始まりました。サッカー元日本代表背番号10の木村和司さん

をお招きしてのイベント

40歳を超えた時から自分を育ててくれた大根小学校の恩師秦野市立鈴木利枝先生をはじめとした地域のみなさんに対してなにかの形でご恩返しができないかと考えていました。

小学校時代の恩師鈴木利枝先生エピソード『言葉の力』はこちら



地元のサッカーキッズのためのサッカー教室&トークショーはこちら(近日募集開始)

サッカーファンマリノスファンならどなたでもサイン会&撮影会のあるトークショーはこちら

そんな僕も小学校5年生のときにサッカーに出会い、中学校、高校、大学と続け今にいたります。今でも苦楽をともにしたサッカー部の同期や先輩、後輩との親交は財産です

※秦野高校サッカー部時代

昭和45年生まれの木村和司さんの伝説のフリーキックに触れた年代でその和司さんが、この街にいらっしゃるというのはとても感慨深いです。和司さんについてはあれだけの方ですからほかのメンバーも触れているので、このイベントを通じて『何を』ということについてお伝えしたいと思います。

僕は4年前にサラリーマンをやめて今、不動産会社を駅前で経営しておりファミリーから大学生といったさまざまな年代の方とお話しいたします。

自分は大学は駒沢大学という都内にある大学へ進学いたしましたが僕はその街に行けば今でもなじみのある『おっ元気!!久しぶりだね〜』と声をかけられる八百屋さんや喫茶店があります。街を歩けば知り合いがいるのですから大学生時代もとても充実したものでした。

今回のプロジェクトにおいては違う小学校や中学校のサッカーキッズが友達になったりその親御さん同士が同級生でその場でプチ同窓会になったり、地域に住む方々、また初めてこの街にいらっしゃる方が地元の大学や公民館、商店会の人たちと知り合いになってイベント終了後も生活がより楽しいものになったり・・・

今でも小学生の時に柔道の山下先生の腕にぶら下がったのは大切な思い出です。

そんなWAOな体験を小学生や中学生、そして子どもだけでなくみなさんに体験してほしいと思っているのです。

このプロジェクトは・・・

『サッカーを通じた町おこし』

『今までは知り合わなかった方とのコミュニティづくり』

東海大学学生・地元商店会・元々地域に住む方、公民館などの行政機関・新しくこの街にいらっしゃったかた・新しくこの街に遊びにいらした方を1つのチームとしてとらえた町おこし的なイベントです。

  

その点で今回の『あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会』メンバーは

※協賛・秦野市立大根公民館・・NPO法人スポーツコミュニティシュート・NPO法人おおねコミュニ ティ・東海大学駅前商店会

グラウンド提供 東海大学湘南キャンパス

取材協力 タウンニュース

写真のメンバー以外に東海大学駅前商店会理事長大根小学校サッカークラブラディッシュ出身の僕と同級生で苦楽をともにした親友たち、広畑小学校・大根小学校にお子さんをお持ちの方がいらっしゃいます。

○大根小学校サッカークラブラディッシュご出身の方

○新しくこの街に新しく移り住んだ方

○地元東海大学駅前商店会の会長

○東海大学出身でこの街が気に入り塾を開校された方

○東海大学で被災地を支援する団体の学生リーダー

○私と縁があってこの街に住む福島県からの若者

○マリノスの熱狂的なサポーター

○僕と同級生のサッカー部の友人

○実際に小学校でサッカーをやっているその親御さん

○地元サッカー部出身でその子どももやはりサッカー部の方

の構成です

さまざまな立場からこのイベントを考え運営メンバーならびに参加者の方みんなの力で今まで、この街にないイベントにしたいと思ってます。

さぁ行くぞ!!

Facebookイベントページはこちら

更新日時 : 2014年09月02日 | この記事へのリンク : 

『わくわく』あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会あずさの想い

                                                                                                                

 今回こんなステキなイベントをお手伝いさせていただくことになりました!

このイベントは知り合いから聞いていて、申込みスタートを待ちわびていました。

自分の子どもを含め、たくさんの子どもたちが木村和司さんのお話を聞いて、

サッカー指導を受けて、いっぱい夢をもち、未来にワクワクしてくれたらいいな...

と思っています。

そして今回声をかけていただいた事をきっかけに、これからもこの街が、

この街の人たちがもっともっと元気になっていくお手伝いをさせていただ

けたらうれしいなと思っています!!

11月17日楽しみです!!みんなで盛り上げていきましょ〜!!

あずささん(^_^)/サンキュー!!あずささんはお子様が地元の小学校でやはり

サッカーをやられているご参加者であるお母さんです。

お問い合わせいただき、すぐにご来店され『私も手伝います』とおっしゃっていただ

いた時、まさにご参加者も運営参加型の委員会を考えていたのでとても嬉しかった

です。

これから開催までの期間、ますますお力を借りることになります。頼むぜ相棒!!

実行委員会メンバーの想い

鈴木鯛功(東海大学出身地元で塾を経営)

中野一哉(この街の新しい住民)

福嶋秀樹(大根小・大根中学校・秦野高校サッカー部出身・商店会)

みずきの想い(大根小学校出身・サッカー教室ご参加者)

  

 

サッカー元日本代表背番号10番木村和司さんのサッカー教室&トークショー

概要はこちらです

更新日時 : 2014年09月01日 | この記事へのリンク : 

『参加者も一緒になって創り上げるプロジェクト』あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会みづきの想い(地元小学生中学生向けのサッカー教室募集間近!!)



皆様、はじめまして。私は大根小・大根中卒の主婦です。

今回はこの素晴らしいプロジェクトに参加できる事をとても嬉しく

光栄に思っています。

私自身、ほんの少しですが小学生の時に地元の女子サッカーチームで

習っていました。

今でも好きなスポーツにサッカーをあげています。小学生の長男も昨年の

秋からサッカーを始めました。

今回、このプロジェクトには単なる参加者として参加するつもりでしたが、

サポートメンバーとしてお誘いいただき、微力ながらお役に立てればと思い、

参加を決意しました。

最初はただの親子サッカー教室とトークショーだと思っていて、長男が良い経験を

積んでくれればと思っていました。(言い方が悪くてすみません<(_ _)>)

ですが実行委員会の皆様の想いを知り、素敵なプロジェクトなんだ!!と

実感 しました。

私も地元民として、何か貢献できればと思っています。そして参加者として当日が今から楽しみです。

みづきさん(*^。^*)ありがと〜。みづきさんは大分、下ではありますが大根小・

中学校の後輩にあたりブログで募集前の告知をしたところ、すぐにお問い合わせ

をいただきました。また以前より交流があり今回の委員会サポートの要請となりました。

また今回のプロジェクトにおいては参加者の方々にも運営にご参加いただき、さまざまなコンテンツを考え、この秦野市ではなかったものにしたいと考えております。

今回のプロジェクトはみづきさんがおっしゃるとおり、単なるサッカー教室とトークショーではありません。

このイベントを通じて、大学・行政・地域住民・商店会・この街にいらしたことがない方が1つのチームとなり、この街、東海大学前駅周辺を盛り上げようという町おこしを目的としたものです。僕も今から当日が楽しみで仕方がありません。

よろしくね!!大根の後輩みずきさん(*^。^*)

実行委員会メンバーの想い

鈴木鯛功(東海大学出身塾経営者)

中野一哉(新しい街の住民)

福嶋秀樹(地元大根小・中学校サッカー部出身・商店会)

 

ミスターマリノス木村和司さんトークショー(サイン&撮影会はこちら

木村和司さんトークショーFacebookイベントページはこちら

地元小学校中学校サッカーキッズのサッカー教室&トークショーはこちら(近日募集開始)

更新日時 : 2014年08月31日 | この記事へのリンク : 

『被災地の今』あの伝説のフリーキックをもう一度実行委員会美咲の想い


                                                                                                                                                                                                                            

今回のトークショーで、私たち東海大学復興支援サークル『Team the SANE SKY』は、被災地の今

を伝えさせていただきます。現在、被災地ではがれきなどは片付き、ライフラインは復旧したものの多く

の方々が仮設住宅に未だに住んでおり、被災者自身の目に見えない問題や、子どもたちの生きいる

環境の問題や、子どもたちの生きる環境の問題、ボランティアの在り方についてなど、様々な問題が

あります。

そこで、このサッカー教室やトークショーを通じて、ご参加いただいた方々に少しでもお伝えできれば

と考えています。また、

地域の方々から発信されたイベントに東海大学生が参加することにより、いつもお世話になっている

地域の方々との交流をしていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

美咲さんとはとあるご縁で知り合い、継続的に被災地を訪れている彼女たちの団体を支援して

おります。私も継続して2年以上、ボランティアで東北へ行っておありますが、まだまだこれから

時間が経てばたつほど風化するあの東日本大震災。そのさまざまな影響はきっと自分たちの子ども

の代まで続きます。そのことをこのイベントを通じて少しでもお伝えできればと思い、彼女たちに

協力を依頼いたしました。

また住んでいながら地元にある大学生と交流することはなかなかないと思います。そういった地域

のコミュニティをつくりあげることもこのイベントの目的でもあります。

当日は被災地の今を伝える写真ギャラリー、チャリティボックスを設置させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

お申し込みはこちらです。

お電話にても承ります。090−2470−8542運営事務局福嶋までどうぞ

更新日時 : 2014年08月30日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2017年11月        >>
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930   

最近見た物件 (0)